カートを見る

商品カテゴリー
その他のページ
その他のページ
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら
りんごのこと
  
りんごの種類
〜選び方の参考にお読み下さい〜

*りんごの大きさから選ぶ
超特選当園でも稀少な超大玉。スペシャルな贈り物に。
特選当園で一番人気のあるサイズです。ご進物に最適です。
中玉サイズで、食べやすい大きさです。中玉〜小玉は、日持ちにも優れています。もちろん贈り物にも。
ご家庭用キズやツル割れ有りのお徳用です。サイズはいろいろ。健康のために毎日りんごを召し上がる方にオススメです。
また、親しい方へのプレゼントにも。


りんごの大きさで味は違うの?・・・すべて完熟したりんごですので、大きさによる味の違いはございません。


*箱の大きさから選ぶ
3Kg少人数のご家庭に。
5Kg少人数のご家庭に。
10Kg・16Kgりんご好きな方、毎日りんごを食べる方、4〜5人のご家庭に。


りんごは保存性に優れている果物ですが、2〜3週間で食べきるくらいを目安にお選びいただくのがベストです。
りんごの効用と栄養

りんごにはこんなにたくさんの栄養が含まれているんです!

カリウム体内の塩分を排出してくれる高血圧予防の効果
ポリフェノール老化防止抗酸化作用コレステロールの減少効果
食物繊維腸の働きを活発にしてくれる整腸効果
ペクチン腸の炎症部分の粘膜をカバーしてくれる整腸効果
エピカテキン抗酸化作用
アップルフェロン歯に虫歯菌を付き難くする虫歯予防効果

りんごはとっても栄養価が高いフルーツです。

カリウム・ポリフェノールを多く含むあおもりりんご。

皮ごと食べると、りんごの皮に多く含まれている食物繊維もむだなく摂取でき、美容と健康にとても効果的です。

りんご3
蜜について
りんご4
樹上でりんごが完熟する過程で、自然に発生したものです。

りんごは細胞と細胞の間に、多くの空気を含んでいますが、密のように見える部分は、そこに糖を含む液が詰まっているので透き通って見えます。

密は、貯蔵中に徐々に少なくなって行きます。その時の味は、酸味が若干抜けますが、甘味は変わりません。


また、密入りりんごでも、すべてのりんごに密が入るわけではありません。栽培条件・気象条件によっては、熟していても蜜の入らないこともあり、入っていても、その年により、多・少は、あります。蜜の入っていないりんごのほうが甘いこともあります。

消費者のみなさんに喜ばれて、積極的に栽培したい密入りりんごですが、近年の温暖化型気候では、年々難しくなってくるように思います。

当園では、そうした気候に対応できる栽培方法を、これからも工夫していきます。
りんごの保存方法
りんごは収穫後も、呼吸を続けているので、あまり長く保存すると水分が抜けて味が落ちてきます。
りんごを低温下(0〜4℃くらいが理想的)に置くと日持ちします。家庭では5〜10℃の野菜室でもOK!

また、りんごは1個ずつ保存用のポリ袋に入れ冷蔵庫へ保管が良いです。

以上の方法で2〜3週間は持ちますが、もちろん、早めに食べるのがベストです。
おいしいりんごレシピ第一弾
レシピ1フルーツサラダ
りんごとヨーグルトのコンビネーションにびっくり♪♪